【非常識な成功法則まとめ】成功者が密かに行う成功法則

非常識な成功法則 成功法則
非常識な成功法則を実践しているいおなまたです。

この非常識な成功法則は多くの成功者が実践しているが中々公の場で発信されてこなかった成功法則がまとめられた1冊です。

この本は2011年に出版された本なので現在では多くの方に知られていて非常識とは言い難いかもしれません。
しかし役に立つことは事実であるので本書のまとめ記事を書くことにしました。

起業などで成功し自分自身の夢を叶えたいという方にとっては必読の1冊だと思うので是非最後までお読みください。

経営・マーケティング本で新たなスタイルをつくるとともに、

「フォトリーディング」「マインドマップ」など、

さまざまな学習ツールを日本に広める

ビジネス書界の超重要人物・神田昌典。

現在も熱狂的ファンを持ち、

ビジネス、教育をはじめ、多彩な分野で精力的に活躍中です。

その神田昌典が2002年に発表し、

これまでに25万部を超えるベスト&ロングセラーとなっている

伝説の書、『非常識な成功法則』が新装版で登場!

https://www.amazon.co.jp/dp/B00MY68D9S/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

非常識な成功法則の重要な4つのこと

まずは金を稼ぐところから始める

金を稼ぐことに対する否定的な声や良いことをしていればお金は後からついてくるという言葉は皆さんも1度は聞いたことがあると思います。

本書ではお金を稼げていないのに発展途上国への植林の話をする若手起業家を例にして話が進んでいました。

良いことをしながらお金を稼ぐ方法もあるとは思いますが金持ちになりたいのであれば良いことをすることでは無くお金を稼ぐことを第1に考える必要があります。

お金に対して貪欲になり1円でも銀行の口座残高にお金を増やすのです。
お金を稼ぐためには死ぬ気になって稼ぐ仕組みを作らなくてはいけません。
もしも良いことをしていてお金を稼げるのであれば構いませんが多くの場合、そうではありません。

しかし良いことをしたいという心を持っていること自体は大変素晴らしいことなのでお金を稼いだら良いことをしてください。

そうすればお金もあるので自分も幸せで良いことをするための資金も豊富で最初から良いことをしようとするよりも大きな良いことを成し遂げることが出来るかもしれません。

お金そのものを好きになる

著者の神田昌典さんは子供の頃から親の商売の手伝いとしてお札をいじっていたこともあり、お札のデザインや匂いが好きであると述べています。

神田さんによると金持ちはお金のデザインや形が好きな人が多いとのことです。

目標を紙に書く

夢を紙に書くことは多くの成功者が実践していて非常に重要になります。

夢を設定する際に多くの方は夢の導き方を間違えています。

ほとんどの人が始めにやりたいことを見つけようとします。
しかしやりたいことを書き出す上で困ることはやりたいことの中にやりたくないことが含まれていることがあることです。


例えば、金持ちになりたい!と思って運送会社を立ち上げたとしてもやりたくないことと運送会社のやることが一致する場合もあります。

そんな残念なことにならないためにはやりたいことを明確にするためにやりたくないことを明確にする必要があります

上記のステップでやりたいことを見つけたら、そのやりたいことを紙やノートに書き出して毎朝毎晩読んでください

理想の肩書を作る

これは非常に重要で、人間は自分自身の自己評価に基づいた行動を取っています。
なので自己評価が低いと行う行動自体も低くなってしまいます


そうならないためには自分の肩書を明確にしておくことが非常に重要になります。
肩書を作る前に注意点が1つあります。
それは肩書の中にセールスマーケターという言葉を入れることです。

なぜなら商品を売ること無しで金持ちになることは出来ないからです。
理想の肩書がお金に関係あるのであれば肩名の中にセールス・マーケターという言葉を必ず入れるようにしてください。

非常識な最強の営業方法

ブランド品

起業後に相手に商品を売っている際、ペコペコしながら商品を売っていませんか?
著者はできるだけ早く相手の返事を聞き出すために相手に二者択一の質問をぶつけて、YesならすぐにYesを引き出しNoならすぐに帰るという営業方法を勧めています。

皆さんもペコペコするよりも相手の返事を早く聞き出すことにエネルギーを使用してみてはいかがでしょうか?

悪の感情を上手く利用する

成功するためには非常に大きなエネルギーを必要とします。
そしてそのような莫大なエネルギーを生み出すには悪の感情を利用することが重要になります。
嫉妬や怒りといった感情ですね。

例えば「ムカつくあいつの何倍もの収入を得てやる・・・!!」などの気持ちが非常に大きな原動力となることは事実です。
しかしそのような思考を長く持っていると人相も悪くなったりするので成功したら思考を切り替える必要があります。

なので悪の感情を利用して成功する。そしたら心をキレイに浄化する、これが非常に重要になると本書では述べられています。

まとめ:夢を紙に書く

本書は夢を紙に書くと実現するという多くの成功者の方がおっしゃっていることを僕に初めて教えてくれた本です。
皆さんにもぜひ読んでいただきたいと心から思いますので興味がある方は忘れない内に下のボタンから是非‼

Youtube上では「ドリームキラーに打ち勝つための思考法」「俺の人生」などを配信しているので興味がある方は下からチャンネル登録よろしく‼


関連記事:引き寄せの法則

コメント

タイトルとURLをコピーしました