【インプット大全書評】勉強効率を上げる

インプット大全 勉強法
本記事でインプット大全の書評を書くいおなまたです。

情報発信をする時の発信内容を集めたり自分自身の成長のために読書やニュースサイトを見たりしてインプットをすることは多いと思います。

しかしあなたが行っているインプットのやり方は正しいのでしょうか?


もっと効率的な方法があるのではないでしょうか?

ということで本記事では効率的に情報収集(インプット)を行うために重要なことをまとめた樺沢紫苑さんのインプット大全を要約していきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学び効率が最大化するインプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
価格:1595円(税込、送料無料) (2019/12/12時点)

インプットが重要な理由

現在はインターネットの発達により情報量が増大していてスマホの普及と相まってスマホでの情報収集は当たり前となりました。
電車内でもスマホによる情報収集をしている方はよく見かけます。


果たしてその情報収集は意味があるのでしょうか?



実は一般人の情報吸収率は3%程度なんです。

100個の情報を目にしたとしてもなんとその内の97%は忘れてしまうんです。


非常に無駄が多いですね。


著者の樺沢紫苑さんは月20~30冊の読書、1日20分程度のインターネットで情報収集のみで
➀メルマガ14年間毎日発行
②Facebook9年間毎日更新
③youtube6年間毎日更新
④3時間の執筆×12年間
⑤年2冊以上の出版11年
⑥新作セミナー月2×10年

のアウトプットをしています。

多くの人よりも効率的にインプットが行えていなければこれほどの量のアウトプットをするのは不可能です。



効率が良いインプットをする樺沢紫苑さんが書いたインプット大全を読んで学んでいきましょう‼

インプットを始める心構え

大抵の人の情報吸収率が低いのは必要ない情報を取り入れているからです。
なのでまずは無駄な情報は見ないようにします。


そのためには必要な情報かどうかを見極める過程が必要になります。その方法は読書などの情報収集を始める前にインプットを行う目標を設定することです。




目標を設定する際には興味・関心のあるキーワードを書き出してその紙を定期的に見て自分の情報アンテナを作り上げてください。



目標が設定できたらアウトプットすることを前提にインプットを初めます。
私のように書評ブログをやるのがおすすめですが面倒だと言う方はTwitterで本の大事なところをツイートする前提で本を読むといいと思います。

それも面倒だと感じる方は頭の中で本の内容を誰かに話すことでもかまいません。

本も良いけどセミナーも

インプットのメインは本」と言う方は非常に多いと思います。
私もその1人であり、セミナーには行ったことがありません。



しかし、セミナーでは本とは違ったインプットができます。
なのでセミナーに行くこともおすすめです。


セミナーに行った際は最前列で講演を聞きましょう。
最前列のほうが集中して話を聞くことが出来ます。

セミナー中はインプットすることに重点を置くことが大事です。
なのでメモなどは最小限にして話に耳を傾けてください。




セミナーにおいて良いインプットをするために質問を事前に考えながら話を聞きましょう。
講師の方が質問はありますか?と聞いたときに質問が来ると講師の方は嬉しいそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学び効率が最大化するインプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
価格:1595円(税込、送料無料) (2019/12/12時点)

同年代に質問する

年上の人には素直に質問できるのに年齢が近い人にはライバルと認識してしまって質問できない…という状態は非常にもったいないです。



年齢が近い人は今、自分が抱えている悩みを解決している可能性が高いです。
例えばスマホゲームをやめることが出来なくて困っている25歳の男性がいたとします。
この場合に年上の60歳のおじいちゃんにスマホゲームをやめる方法を聞いてもそもそも相手がスマホゲームをしたことがない可能性もあります。

しかし同年代の男性に聞けば相手も最近までスマホゲームをやめることができずに困っていた可能性も高いです。
なので恥ずかしがらずに同年代の人にも質問をしましょう。

インプット時のBGM使用について

勉強中に音楽を聞く方は多いと思います。
BGMは穏やかなもののみ使用するのがおすすめです。


とはいえ人によってBGMが集中力を高めるか下げるのかは人によるので自分で試して判断してください。

一般的には単純作業のときのみ音楽をかけるのが良いとされています


観察力を磨いてインプット効率を高める

観察力を鍛えるとインプットをする際に情報を効率的に収集することができます。

本書では観察力を鍛える方法が4つ紹介されています。

1つ目は電車などで見た他人の職業や先ほどまでしていたことを予測することです。

2つ目は日常で疑問に思ったことを深堀りすることです。

3つ目は相手の気持を考えながら話すことです。

4つ目は映画を見ることです。



そして相手の気持ちを知るのに有効なテクニックの1つは質問された直後は一瞬本音がでるということです。


なので質問した瞬間の表情をよく観察すると相手の気持を把握することが出来るのです。

インプットの際に注意すべき点

一度にインプットできる量は3つまでなので一度に9個インプットするのではなく3個インプット、3個インプット3個インプットというように3✕〇というようにインプットしていきましょう。



基本的にながらインプットは禁止ですが運動しながらのインプットのみは効果が上がります。
なので走りながらセミナー音声を聞くことなどはセーフです。

まとめ:大抵の人はインプット法を間違えている

いかかがでしたか?

本記事を読むことで今までの自分のインプット方法が間違っていたことに気づけた方が多いと思います。
本書ではさらに詳しくインプットについて述べられているのでもっと詳しく知りたいという方は忘れない内に下からご購入ください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学び効率が最大化するインプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
価格:1595円(税込、送料無料) (2019/11/23時点)

僕のYoutubeでは「書評」「ドリームキラーの対処法」「感謝する習慣の付け方」などを配信しているので興味がある方は下のボタンから是非‼


関連記事:1分間集中法 あなたの能力をもっと引き出す

コメント

タイトルとURLをコピーしました